2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

花木・山野花

2010年4月17日 (土)

季節外れの大雪と伊那梅苑

4月17日(土)。

季節外れの大雪となりました。

我が家のコヒガンザクラは、水分を多量に含んだ雪の重みで折れそうなくらい頭を垂れています。

100417_062115

せっかく咲いた桜の花を散らすのはもったいないけど、このままでは本当に枝が折れてしまいそうなので、枝を揺すって雪を落としました。

Resize4757

信州に住む私でも、なかなか雪を纏った桜を目にすることはありません。

Resize4756

 

高遠が気になります。

ちょっと出かけてみましょう。

 

続きを読む "季節外れの大雪と伊那梅苑" »

2010年3月30日 (火)

花の高遠、間もなく開花

天下第一の桜として名を馳せる 「タカトオコヒガンザクラ」

今年は例年よりも早く、4月4日に開花との予想がされています。

さて、今はどんな様子かな?

Resize4714

毎年早めに開花するのは、南ゲートと呼ばれる周辺の桜。

3月29日(月)の段階では、まだこんな感じです。

では、園内はどうかな?

 

続きを読む "花の高遠、間もなく開花" »

2010年3月 3日 (水)

福寿草

なかなか良い状態の福寿草を撮りに行けなかった今シーズン。

昼休みの短い時間を利用して、ようやく近所の群生地で撮影出来ました。

Resize4711

自宅から僅か数分の場所。

Resize4707

今年もこんなに沢山の花が咲きました。

 

続きを読む "福寿草" »

2010年2月28日 (日)

セツブンソウ

昨年は、2月16日に開花を確認したセツブンソウ。

今年はなかなか咲いてくれませんでした。

2月14日(日)。

全く気配すらありませんでした。

 

翌週の2月21日(日)。

ようやく数株が花をつけているのを確認しました。

Resize4670

咲き始めたばかりの初々しさを感じます。

本当に小さくて可愛いお花です。

 

そして通い始めて3週目の2月28日(日)。

見事に群生しています。

Resize4665

Resize4667

Resize4668

今年も出会えました。

絶滅危惧種であるセツブンソウ、ずっと守っていきたいお花です。

2009年9月30日 (水)

赤蕎麦の季節です

今年も赤蕎麦の季節がやって来ました。

Resize3998

ここは信州上伊那 箕輪町にある 「赤そばの里」 。

Resize3997

高嶺ルビーという品種です。

Resize3996

日本の蕎麦は白い花が咲きますが、蕎麦の原産地である中国雲南省からヒマラヤにかけては、ピンクや赤い花の蕎麦があります。

Resize4000

こちらは、白い花。

Resize3999

赤い花。

Resize4001

1987年、信州大学の教授が持ち帰り、上伊那の企業と共同で品種改良に取り組んで作り上げた 「高嶺ルビー」。

箕輪町にある 「留美庵」 というお店で食す事も出来ます。

是非とも、見て楽しんで味わってみて下さい。

2009年6月30日 (火)

伊那のあじさい寺

ようやく見頃を迎えました。

信州伊那市のあじさい寺 「深妙寺(じんみょうじ)」です。

Resize3697

ここ2週間ほど、ずっと様子を見に出かけていましたが、なかなかキレイに咲き揃わなくて。

晴れの日の撮影では、少し疲れたようなアジサイ達も、雨に濡れて活き活きとしていました。

Resize3688

傘を差しながらの撮影は大変だけど、元気に咲き誇るアジサイを見ていたら、そんなに苦には感じません。

Resize3684

では、園内を一周しましょう。

 

続きを読む "伊那のあじさい寺" »

2009年6月16日 (火)

上伊那バラ便り

信州上伊那では、バラが見頃を迎えています。

少しピークを過ぎてしまったかも知れませんが、まだまだ楽しむことが出来ます。

まずは “伊那市高遠” にある 『しんわの丘 ローズガーデン』 

Resize3553

 

続いて、“伊那市長谷” にある 『蔵の民宿 みらい塾』

Resize3542

 

バラは種類も多く、全てを把握するのは大変です。

「キレイなものはキレイだ!」 ということで、写真のみ・説明なしでお楽しみ下さいませ。

 

続きを読む "上伊那バラ便り" »

2009年5月31日 (日)

バイカモ(梅花藻)

長野県白馬村にある 「姫川源流自然探勝園」。

源流の湧き水は、日本名水百選にも指定されています。

雪融けの遅いこの辺りには、例年4月の初旬から下旬に掛けて 「福寿草」 が咲き誇ります。

そんな姫川源流で、この時期に目を楽しませてくれるのは・・・。

Resize3427

バイカモ(梅花藻)です。

Resize3429

バイカモはキンポウゲ科の水中生の多年草で、5~10月にかけて、「梅花藻(バイカモ)」の名のとおり、梅の花に似た直径1~2cmの白い花を咲かせます。

Resize3430

水温15度以下の、きれいな水のところにしか自生しないので、清流の目安とされています。

Resize3431

今回、初めて目にしたお花です。

まだまだ知らないお花ばかりです。

2009年5月24日 (日)

ミツガシワ(三槲)

一月ぶりの更新です。

いつも伊那谷を中心に、北は松本・安曇野辺りまでを行動エリアとしている私には珍しく、白馬さのさかへとお出かけしました。

スキー場のある 「白馬さのさか」 は、お花の宝庫でもあります。

今回のお目当ては、このお花。

Resize3420

ミツガシワ(三槲)です。

多年草で、湿地や浅い水辺に生えます。

 

白馬さのさかにある 「親海湿原(およみしつげん)」では、例年5月になるとミツガシワの群落で湿原一面が真っ白になるそうです。

しかし今年は4月末の降霜により、ほとんどの花がダメになってしまいました。

Resize3424

広い湿原の木道を歩き回っても、良い状態の花を探すのが大変でした。

Resize3425

一面真っ白な湿原を見られなかったのは残念ですが、お目当てのお花に会えたので良かったです。

2009年4月24日 (金)

自宅近くのニリンソウ

今年もニリンソウが咲き始めました。

Resize3394

ここは自宅から、歩いて15分くらいの場所。

Resize3391

水神さまの奉られている場所です。

Resize3393

Resize3398

Resize3397

Resize3392

Resize3399

ここだけでなく、生活圏内のいたるところで、ニリンソウの群落があることに気が付きました。

最近、自分の周囲の植生が気になって仕方ありません。

恵まれた環境を、大切に残していきたいです。

より以前の記事一覧