2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 高遠勝間のシダレザクラ と 中曽根の権現桜 | トップページ | 梅雨の晴れ間にツクモグサ »

2010年5月23日 (日)

2010 雪の楽園

5月21日(金)~5月22日(土)

この季節になると毎年出かけている恒例の場所へと、今年も出かけることが出来ました。

Resize4842

快晴の河童橋。

 

Resize4843

散歩中の親子。

 

Resize4844

山小屋が見えてからの長く辛い登り。

 

Resize4845

陽が落ちかけても気温は高く。

 

Resize4846

謎の撮影隊。

 

Resize4847

満開のニリンソウ。

 

久々に山の楽園を満喫できました。

詳細は・・・UP出来るかな?

« 高遠勝間のシダレザクラ と 中曽根の権現桜 | トップページ | 梅雨の晴れ間にツクモグサ »

めっしーの登山記」カテゴリの記事

コメント

お帰りなさい!

大きな画面で見ると本当に素晴らしい!
一昨日、夕方のテレビで上高地をやっていて
夕飯時だったので 皆でワーワー言いながら観てました。

まだ行ったことがない 約1名が特に反応してましたっけ。(笑)
もちろん彼はその奥の高みに思いをはせていたようでしたが。

撮影隊も機材を持って上がるのですから大変ですよね。


詳細レポ、ゆっくりと取り掛かってください。

☆ケリーさん☆

無事に帰って参りました。
新緑の時期の上高地、一年の中でもとても美しく、人出も少し落ち着いた良い季節です。
奥の高みは雪がなくなってからにするとして、ケリーさんご一行も私の行った先であれば、
もう十分行けますね。
歩く距離はかなり長いですが、蔵王をあれだけ歩ければ、もう何も問題ないでしょう。
1つだけ問題があるとすれば・・・バスですね。

撮影隊の皆さんも大変だと思います。
天候も重要ですからね。
7月中に撮り終らないと、間に合わないそうです。

詳細は、なんとか頑張ってみますね。
ありがとうございました。happy01

こんにちは。
猿の親子に思わず「わあ!」と声が出ました。
すごくかわいいし、シャッターチャンスを逃さなかった腕前にも感心しました。

日没前なのに、ずいぶん明るいこと、ニリンソウの大群落にも目をみはりました。
私もいつかこの時季に訪ねたいな、って思いました(*^_^*)。

☆りこさん☆

猿の親子は、最初見かけたときには林の中にいたのですが、タイミングよく出てきてくれました。
しがみついている小猿がとっても可愛くて、待ち構えていたので撮れました。

この季節、実は一番危険が少ないです。
GWが終わり、人も少なくて雪も安定しています。
そしてニリンソウ。
今年は少し早めに見頃を迎えたようです。
横尾までの道中、いたるところで群落を見ることが出来ます。
出かけるのなら、この季節が一番のオススメですよ。happy01

快晴の青い空と、白い雪。
おサルの親子が、めちゃくちゃキュートheart01
どの位の距離で撮られたのでしょう?
お山で、こんな自然な親子のおサルの姿が見れたなんて、
最高ですね。

撮影隊、もっとアップになりませんか・・・?(笑)
例のあの人が見えるかも!!happy02

詳細編も楽しみにしています。
あ、どうぞゆっくり書いてくださいね。

☆ささのはさん☆

天気はとても良かったです。
ほぼ半袖Tシャツで過ごしていました。
お猿の親子は、かなり近距離でした。
2~3メートルといったところでしょうか。
すっかり人間馴れしているようで、まったく動じる気配も無く歩いていましたよ。

撮影隊、この中にはその人はいません。
ですが、しっかりアップで撮らせていただきましたcamera
リハーサルが終わって本番に入る時、思わず音を立てないように静かに立ちすくんでいました。
「カットー!」の合図とともに、安心して一気に下りましたよ。

詳細の方、まだ先になってしまいそうです。
6月半ばまで、お仕事のお山がそびえたっていまして・・・coldsweats02
季節が変わる前に、アップしなくちゃね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526881/48430890

この記事へのトラックバック一覧です: 2010 雪の楽園:

« 高遠勝間のシダレザクラ と 中曽根の権現桜 | トップページ | 梅雨の晴れ間にツクモグサ »