2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ’09初秋 北アルプス南岳劇場 ②夕暮れの風景・朝の風景 | トップページ | ’09初秋 北アルプス南岳劇場 ④槍ヶ岳 »

2009年9月24日 (木)

’09初秋 北アルプス南岳劇場 ③氷河公園から殺生ヒュッテへ

2009年9月10日(木)から12日(土)に出かけた山行の続きです。

 前回までは コチラ

 

昨年は同じ2泊3日の日程で、二日目は南へ向かいました。

 昨年の二日目の様子は、コチラ

今年は、北へ向かおうと思います。

朝食後、荷物を小屋に預けてサブザックで出かけます。

Resize3874

飛騨の名峰 笠ヶ岳。

 

Resize3875

南岳へと向かう途中で振り返る南岳小屋と北穂。

 

小屋から数分で見えてくるのは・・・。

Resize3876

西穂の奥に乗鞍岳、そしてその奥に御嶽山。

快晴ではないものの、空気が澄んでいて山が近くに見えます。

 

 

そして、南岳山頂。

Resize3877_2

上空は雲っているものの、周囲の山々はハッキリと見えます。

  

Resize3878_2

穂高方面。

 

Resize3879

新穂高方面。

 

Resize3882

槍ヶ岳方面。

 

Resize3881

三俣山荘の奥に祖父岳、その奥には薬師岳。

 

Resize3880

鏡平山荘と弓折岳から双六小屋への登山道、奥には双六岳と、最奥には黒部五郎岳。

 

Resize3883

富士山と南アルプス。

 

Resize3884

蝶ヶ岳の奥に八ヶ岳連峰。

 

Resize3885

常念岳と浅間山。

 

Resize3886

燕山荘の奥に、戸隠山や妙高山。

 

Resize3887

中岳から大喰岳、そして槍ヶ岳。

 

Resize3888

西穂と焼岳、乗鞍岳に御嶽山。

  

Resize3889

穂高連峰。

 

Resize3890

昨日登ってきた南岳新道と槍平小屋。

 

南岳山頂からの眺めは、とにかく飽きません。

でもノンビリもしていられません。

先へ進みます。

Resize3891

Resize3892

槍ヶ岳方面と天狗原方面への分岐。

ここから天狗原へと下ります。

毎年、下山前に天狗原に下っています。

でも新穂高に下山するには、正反対の方向にある天狗原へは余計な体力の消耗でもあります。

今年は、下山前に疲れきってしまわないように、中日に出かける事にしました。

Resize3893

見下ろす横尾本谷と屏風岩。

 

Resize3894

見下ろす天狗原。

 

Resize3895

槍ヶ岳山荘と殺生ヒュッテが見えます。

 

Resize3896

とりあえずの目的地である天狗原。

 

Resize3897

横尾尾根と常念岳。

 

Resize3926

ここから鎖場・梯子場が連続します。

 

Resize3927

Resize3899

実は今回、カメラにトラブルがありまして・・・。

この先撮った写真のうち、65枚程が消えてしまいました。

その中には、一番の楽しみであった天狗池の画像も含まれています。

天狗池へと下る途中、上空の風は流れが速く、槍ヶ岳はガスから出たり入ったりの繰り返し。

池に着く直前にはガスに隠されていた槍の矛先も、クッキリとその姿を見せてくれました。

逆さ槍もバッチリと、何枚も撮影したのですが・・・。

辛うじて、携帯で撮った写真が残っていました。

画像は粗いですが雰囲気だけでも。

Resize3870

ちなみに、昨年の天狗池の様子は、コチラ

 

天狗池でしばらく撮影&休憩をしたのち、槍沢方面へと進みます。

いつもは下山前のピストンでしたが、今回はお散歩です。

このまま槍ヶ岳へと向かいます。

Resize3900

Resize3901

槍沢と西岳。

槍沢分岐へと向かう途中、数人の登山者から同じ質問を受けました。

「天狗池はどうでしたか?」

例年、8月末まで雪原の下に隠れている天狗池は、この季節に集う登山者の憧れです。

「素晴らしいですよ!上空の風が強いようなので、槍はガスに隠されても、少し粘れば晴れてくると思います。楽しんできて下さい。」

Resize3902

Resize3903

Resize3904

そして天狗原と槍沢との分岐。

Resize3905

今まで、槍ヶ岳には何度か登っていますが、その全てが西鎌尾根。

槍ヶ岳への王道というべき槍沢は、実は初めてなんです。

とはいえ、横尾から槍沢ロッジというルートは通っていないので、今回の初槍沢も “なぁんちゃって” ではありますが・・・。

Resize3906

初めて歩く槍沢ルートは、つづら折りの登山道。

こういう道、嫌いじゃありません。

Resize3907

Resize3908

ほんの数週間前には、沢山のお花で溢れかえっていたのでしょう。

モチロン、沢山の登山者でも溢れかえっていたことと思います。

 

Resize3909

Resize3910

Resize3911

ヒュッテ大槍と槍ヶ岳への分岐。

殺生ヒュッテが近づいてきました。

 

Resize3912

Resize3913

殺生ヒュッテとの分岐。

普通に槍を目指すつもりでしたが、時間もあるし殺生ヒュッテを経由することにします。

今回逃すと、行く機会も無さそうな気がするし。

 

Resize3914

ヒュッテ大槍。

 

Resize3915

そして、分岐から数分で・・・。

Resize3916

殺生ヒュッテに到着です。

ここまでくれば、槍ヶ岳までもう一息です。

           ’09初秋 北アルプス南岳劇場 ④ へと続く・・・。

« ’09初秋 北アルプス南岳劇場 ②夕暮れの風景・朝の風景 | トップページ | ’09初秋 北アルプス南岳劇場 ④槍ヶ岳 »

めっしーの登山記」カテゴリの記事

コメント

消えてしまった写真、本当に残念でしたね。
でも、携帯でも十分伝わってきます。

昨年携帯に送っていただいた、天狗池の写真、
その時から、実は私の待ち受け画面になっています。
(ゆったかな?)
あまりにも素晴らしかったので。

続きも楽しみにしています。
あ、でも、ゆっくり編集なさってくださいね。


☆ささのはさん☆

消えた写真、それが天狗池前後の写真だと気付いた時のショックは・・・。
しばらくその現実を受入れる事が出来ませんでした。
でもくよくよしても写真は戻らないし。
しっかりと瞼に焼き付けてきたので、また来年撮りに行く事で諦める事にしました。
毎年その場所に行ける幸せ、それはそれだけの体力がある証、元気でいる証ですから。
目標をしっかり持って、体力維持に努めます。

昨年の天狗池は、ホントに素晴らしかったです。
雲ひとつ無く、真っ青な空と池。
風も無く、美しく投影される槍ヶ岳。
あれ以上には巡りあえないような気がしています。
美しい思い出って罪ですよね。
イメージがどんどん膨らんでいって、なかなか越える事が出来ません。
待ち受けのお話し、伺っていますよ。
大変光栄に思います。
ありがとうございます。

続きは、もう少しです。
あと2回で終わる予定です。
もうしばらく、お付き合い下さいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526881/46293303

この記事へのトラックバック一覧です: ’09初秋 北アルプス南岳劇場 ③氷河公園から殺生ヒュッテへ:

« ’09初秋 北アルプス南岳劇場 ②夕暮れの風景・朝の風景 | トップページ | ’09初秋 北アルプス南岳劇場 ④槍ヶ岳 »