2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 花富士 【シバザクラ】 | トップページ | 美ヶ原を歩く »

2008年5月 3日 (土)

庚申塔

上伊那各地では、『庚申塔』 をよく見かけます。

『庚申塔』 とは、庚申信仰に基づいて建てられた石塔のこと。

Resize0917

庚申講(庚申待ち)とは、人間の体内にいるという三尺虫という虫が寝ている間に天帝にその人間の悪事を報告しに行くのを防ぐため、庚申の日に夜通し眠らないで天帝や猿田彦や青面金剛を祀って宴会などをする風習です。

Resize0918

ここは、私がいつも通勤に使う道沿いです。

隣には、牧場があります。

Resize0919

Resize0920

南アルプス 仙丈ケ岳をバックに。

 

Resize0921

中央アルプス 将棊頭山をバックに。

 

そしてここには、立派な桜の木もあるのです。

Resize0912

僅か数週間前、4月19日の様子をご覧下さい。

 

 

Resize0922

Resize0913 Resize0914

Resize0923 Resize0925

Resize0915

Resize0924

Resize0916

二百名山 経ヶ岳と桜。

« 花富士 【シバザクラ】 | トップページ | 美ヶ原を歩く »

文化遺産」カテゴリの記事

コメント

おおー。庚申塔!
うちの市内にも、29基現存されているんですよ!
全部を見て回ったことはないんだけど。
形は全然そちらのとは違いますね。
表に青面金剛さんが刻まれていたりするのが多いみたいです。

ただ、都会?の庚申塔はかわいそうかも。
目の前、車がびゅんびゅん通り過ぎたり。
スーパーの角だったり……。
 
桜が綺麗で。山も見えて。やっぱりそちらはよいですね。
好きなお山を二つ。ありがとでしたconfident

☆ほえっち☆

庚申塔って、全国各地にあるんだよね。
実は上伊那に来るまで、あまり意識したことがなくて。
田舎だと、より目立つんだよね。
よーく見ると、驚くことが多くて。
今回の場所でも古いものは、「寛政10年」なのだけれど、
新しいものは「昭和55年」って刻まれていて。
歴史の重みだけでなく、割と最近でも建立されているんだって。

都会でも、かわいそうな場所にあっても。
それでも大切に残されていることがスゴイって思うよね。
今回自分で記事にしたことで、もっと興味を持てそうです。
また、別のところのも紹介するね。

桜と山。
どっかで聞いた組み合わせだね。(笑)
良いところでしょ、また遊びに来てね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526881/42938658

この記事へのトラックバック一覧です: 庚申塔:

« 花富士 【シバザクラ】 | トップページ | 美ヶ原を歩く »